ツーバイフォーとプレ八ブ2

EP005_L
プレハブ工法も基本的にはバルーン工法である。こちらは、いわばツーバイフォーの枠材のかわりに、各種のパネルを1メートルくらいのピッチで組みあげていくもので、プロセスとしてはよく似ている。
パネルはわれわれの日常では、けつこう身近かな存在で、たとえば、机の板、ドアなどはその典型である。パネルの種類や形状はいろいろあるが、いずれもパネルとしての構造で強度がより高くなるのを利用している。
プレハブエ法は、木質系のパネルをつかうものと、鉄骨の軸にパネルを組み立てるもののふたつに大別できる。木質パネルの場合は、前述したように、パネルとパネルをくっつけていって1枚の壁をつくっていく。
地震はいつあるかわからないので、対策は早ければ早いほど良いでしょう。←こちらのサイトでは不動産関連情報を取り揃えております。
鉄骨系のパネルエ法はさらにいくつかのバリエーションに分かれる。通常は、鉄のタガをおいて、その間にパネルをはめていくという方法をとる。つまり、構造は鉄でもたせて、壁面はパネルで処理するわけである。また、ALCコンクリートや耐火型のセメント板などをぶらさげていく手法もあるし、コンクリートをパネルでつなぎあわせていく方法、さらには、鉄筋コンクリートのプレキャスト・コンクリート(プレコンという)のようなものをつかうやり方もある。

またイギリスにおいては,バード(Bird;1976)やショート(Short;1978a,1978b),スミス・クラーク(SmithandClark;1982),ギルパード(Gilbert;1982)が住宅のサブマーケットごとに異なる居住地移動を住宅市場に作用する経済的・制度的制約の側面から明らかにしようと試みた。